多連荘する台を獲得するためには?【ホルコン出玉調整】

パチンコの勝ち方.JPG

ホルコンのグループの強弱が最重要である理由と多連荘する台を論理的に解説!

ホルコン出玉制御の実態

 まずは初歩的なことからおさらいします。

 リヴィエラ門下生(最強攻略法・海殺しXの購入者)の皆様には説明不要のことですが、現代のパチンコは全てホルコンによって出玉制御されています。


 ホルコンのグループ(ユニット)構成の見分け方とそれを利用した攻略法については、海殺しXのテキストブック📖の前半で解説している通りです。

当たり番グルグル回し 

ホルコン当たり番の移動.jpg ホルコンは数台を束ねてグループを作り、強いグループからは死に台を除く各台が次々と当たり、グループ内で当たり番(ホルコンが次に当たりを予定する台)のキャッチボール(相次ぐ当たり番移動、当たりの連鎖)があります。(弱いグループはすぐにホルコンが他のグループに移るためにグループ内で迅速な当たり番のグルグル回しがない)

 当たり番に選ばれる頻度と当たった後の連荘数は各台のサイクル状態(サイクルやホルコンの仕組みに関しては、海殺しのテキストブック参照)に応じて異なります。

連鎖的に連鎖当たるパチンコ.jpg パチンコに勝つ方法は単純明快!(攻略の極北)でも言及しましたように、パチンコで常勝を続ける最も堅実な方法は常に強いグループの台で打つことです。

 多連荘する台、大連荘する台、爆発する台の大半は強いグループから生まれるからです。

 今回はまずはじめに強いグループがどのようにして生成されるのかということから解説します。

鉄板と目玉焼き

パチンコホルコンの仕組み.png 最初に台の稼働率が高い状態(全席が埋まっている or 半分以上の席が埋まっている等、他のグループとの相対評価における席の埋まり具合)にあるグループがアクティブ(グループ当選状態)になりやすくなります。

ホルコンの仕組み.jpg 大抵の場合、好調サイクル台もしくは通常サイクル台が当たり、不調サイクル台は死に台となって、何度もスーパーリーチが出るもののも当たりには至りません。

 ハマリ台が鉄板の火の役割を担い、鉄板の上に沢山の目玉焼きが出来上がるイメージです。

ヨーグルトの種

ホルコンの当たり番移動.jpg 死に台を除くグループ内の台が何度も当たるようになりますと(目玉焼きが量産されて)、必然的に多連荘(4連以上)発生するようになります。

パチンコ連荘が続く台.jpg それがヨーグルトの種の働きをして、グループ内の他の台も多連荘しやすくなります。(ヨーグルトが膨張)

 但し、多連荘する台の大半は好調サイクル台(元々、好調サイクルに入っている台 or 好調サイクルに変換した台)です。(強いグループの場合、通常サイクル、不調サイクル台も4~5連荘することがあるが、その後は大体ハマリ)

同規模多連荘の法則

 他のグループとの比較において、短時間内に2台、3台と複数の台が当たるグループでは、ある台が多連荘すると他の台からも同規模の多連荘が発生しやすい環境が生まれます。

ホルコン法則.jpg 特に4~5連荘レベルのたいしたことのない多連荘はすぐに同規模の多連荘を引き起こします。

 7~8連荘レベルのミニ爆発が発生したグループでは、「すぐに」というほどすぐではありませんが、一拍置いてから、わりと近い将来に他の台からも同規模の多連荘が発生しやすくなります。(他に好調サイクル台が存在しなければ、ある台が3連荘、別のある台が4連荘というようなパターンに収まることもある)

パチンコ爆発台で勝つ.jpg
 15連荘前後の爆発台が発生した場合は、さすがにすぐに同規模の爆発が同グループ内で発生することは稀です。

 しかし、グループ内でリレーのように当たり番のパス(グルグル回し)が複数台の間で順調に続けられている限り、「一拍置いてから」というほど近い将来ではありませんが、いずれは(それなりの時間が経過した後)同規模の爆発が他の台から発生しやすくなります。

グランドマスターへの道

海殺しXの達人.jpg 海殺しXのグランドマスターを目指される方は、爆発台を生み出したグループが沈静化した後、地味ながらも当たり番の移動がスムーズに行われている事実を確認して、絶妙のタイミングを見逃さず、ご自分の台を新爆発台に変えてみて下さい。

海物語 攻略法.jpg この技術を磨くことにより、ミドルの場合、2~3枚の千円札が一瞬にして数枚の万札に化ける経験が一気に増えます。

 チャンピオン交代を狙うこの技術がなければ、わりと実力のあるリヴィエラ門下生でも月間パチンコ収支は+10~20万円の範囲内に留まってしまいます。

パチンコ瞬間攻略.jpg パチンコだけで月に30万円以上の収益を弾き出すためには、辛抱強くチャンスを待ち、一瞬の隙を見逃さずに攻め込む機敏さが要求されます。

カシオペア攻略術.png
 そのタイミングはグループ内の好調台がカシオペア攻略術にて解説する危険領域に突入した時に訪れることが多く、爆発狙いのためには、危険領域速攻法が最強の武器となります。

多連荘が連鎖する理由

好調台の停滞.png ここからはいくらか専門的な話になります。

 多連荘を生み出したグループ同規模の多連荘が生まれやすい背景には「多連荘した後はひと休み」というホルコンの法則が存在します。

 ホルコンは「この台には十分な多連荘を与えたので、しばらくは休んでもらう」という決定をしやすいからです。

パチンコ 大連荘の後に当たらない.jpg 必然的に同グループの他の台を次の当たり番に選び、当たり番に選ばれたその台が好調サイクルに入っていれば、再び多連荘を許します。(最初の当たりが単発でも時短中に確変で当たるなりして、結果的に多連荘しやすい)

 その理由は「先に多連荘した台が満腹の間は当たり番に選ばなくてもよい」とホルコンが判断しやすいからです。

一軍と二軍

好調台の不調.jpg しかし、二番目の台が多連荘した後はその台もひと休みに入りやすく、その時期に先に当たった台が好調サイクルをキープしていれば、このタイミングでホルコンのお仕置きから解放され、再び当たり番に選ばれやすくなります。(ここが重要ポイント!)

 このホルコンのお仕置きという概念はパチンコの攻略において非常に不可欠なものです。のちほど関連する話をしますので、頭の片隅に入れておいて下さい。

ホルコン海物語.jpg わかりやすくたとえれば、ホルコンは水戸黄門です。少しも苦労せずに調子よく出玉を獲得した台や単発当たりや2~3連荘を出した台を悪党と看做し、「助さん、格さん、懲らしめてやりなさい」と命じるのです。

当たり番移動.jpg プロ野球にたとえれば、多連荘した台が二軍に落ちたイメージです。

 別の台が多連荘して二軍落ちした後に先に二軍に落ちた台が一軍に復帰しやすく、一軍と二軍との間を行ったり来たりすることと活躍した台が二軍に落ちることがプロ野球との違いでしょうか。

ハマリの理由.jpg しかし、好調サイクル台がグループ内に1台しかない場合は、多連荘した台がグループ内の他の台の多連荘を経ずに二軍からすぐに一軍に復帰して自分が記録した多連荘と同規模の多連荘を果たすこともあります。

 5連荘→(グループ内の他の台の当たりを挟まず)6連荘というような好調数珠連はこのようにして生まれます。

二軍落ちする別の理台

パチンコホルコン攻略.jpg 多連荘した台が二軍に落ちるきっかけは多連荘だけではありません。通常サイクル台によくある「くだらない当たり」(=単発当たりもしくは2~3連荘)は多連荘以上に干されやすくなります。(例外として、好調サイクル台が不覚にもくだらない当たりを出した時は、ハマリを経ずにすぐに再度の初当たりが発生して、今度は無事に多連荘するのが通例)

パチンコ はまる前の特徴.jpg 特にハマリを経ずに順調にくだらない当たりを二度も三度も繰り返した台は初当たりの回数が多いほど高確率で深いハマリに向かいます。(例・3連荘→単発→2連荘→単発とここまでは順調であったが、その後に泥沼のハマリ)

ホルコン攻略法教室.jpg グループ内に一時的に干されやすい台(二軍落ちしやすい台)や深いハマリに陥りやすい台(二軍落ちどころか戦力外通告)が多ければ多いほど、残りの台は当たり番に選ばれやすくなります。

 通常のホルコン攻略はこういうところに着目しなければ、多連荘が見込めず、当たりはしても勝てないことが多いのです。(海殺しXはホルコン攻略を母体にしつつも、ホルコン攻略の欠陥をカバーしたもの)

強いグループとは?

ホルコンが好むグループ.jpg 頭の回転の速い方はもう重要な事実に気づかれたかもしれません。今からこのたびのテーマの核心に迫ります。

 当倶楽部はことあるごとに強いグループの台で打つことを門下生の皆様に推奨しています。

ホルコンの誘発当たり.jpg そして、これも過去のコラムで飽きるほど述べてきたことですが、強いグループの定義は(他のグループとの比較において)短時間内に複数台(3台以上が望ましい)が当たり、不運なつなぎ役の台を除き、多連荘(4連以上)が中心のグループです。

弱いグループに感謝

パチンコに勝つためにやらなければならないこと.jpg 弱いグループでは、当たり台が出ても、すぐにグループ内の他の台が当たることは滅多にありません。仮に一時的に素早い当たり番の移動が実現して、2台、3台と当たったとしても、どの当たりも前述したようなくだらない当たりが多く、その後、グループごとハマりやすくなります。

 弱小グループのグループハマリが強いグループをより強大なものにします。

強いグループで起こる現象

 一方、強いグループでは、当たりの大半が大連荘もしくは爆発というパターンにはならなくても、確実に多連荘が多発します。

パチンコ多連荘する台.png 中継プレーの役割を担う遊び台が「つなぎ役」としてくだらない当たりを出してくれるお陰で、それらの台は当たった後にホルコンのお仕置きを受けやすく、好調サイクル台はそれほど待たずに、二度目、三度目の初当たりに恵まれるわけです。

ハマリからの脱出.jpg つまり、グループ内にホルコンのお仕置きを受けやすい台が多数生まれれば、グループ内の無傷の台(ホルコンのお仕置きを受ける要素のない台)が当たりやすくなり、今まで当たらなかった台が当たることにより、ホルコンのお仕置きを受けている最中の台もハマる前に、水戸黄門(ホルコン)が「助さん、格さん、もういいでしょう」と言って、お仕置きから解放されやすくなるということなのです。

戦いながら助け合う

 今一度、短時間内に複数台が当たり、多連荘を頻繁に出す強いグループの特徴を要約すれば以下の通りです。
ホルコンが当てやすい台.jpg(1)多連荘する台が発生したお陰で、その台がお仕置き期間を迎え、グループ内の他の台が多連荘しやすい。
(2)複数台に多連荘が多発するお陰で、すでにお仕置き期間に入っている台の復活が早まる。
(3)ハマらないうちに復活の初当たりが発生するため、好調サイクル台は海殺しのテキストブックで明かしているサイクル変換が生じ得る回転数を何度も通過する危険を免れ、結果的に好調サイクルを維持した状態で二度目、三度目の初当たりに恵まれ、当たりさえすれば、理論的期待値の3倍、もしくはそれ以上の出玉を獲得しやすい。
(4)時には好調サイクル台が不覚にもくだらない当たりを出すことがあるが、その後のお仕置き期間中にグループ内の台が何度も当たったり、多連荘するために、後に当たった台のお仕置き期間中に早期の復活を遂げやすい。

 賢い方はもうおわかりのように、強いグループでは、各台が相互に戦い合いながらも結果的には助け合っているのです。頭の回転の速い方はすでにこのことに気づかれていたと思います。

互助会にならない

 一方、当たり番のグルグル回しが発生しない弱いグループの特徴は以下の通りです。

(1)グループ内に好調サイクル台が1台も存在しないグループでは、どの台も当たってもくだらない当たりで終わってしまう。
(2)一時的に当たり番のパスが行われ、短時間内に複数台が当たっても、くだらない当たりの連鎖がグループごとのハマリ(長時間にわたって、グループから当たり台が出ない状態)を引き起こす。
パチンコ 当たらない台.jpg(3)グループ内に1台だけ好調サイクル台がある場合は、他の台がだらしなさ過ぎて、好調サイクル台が何度も続けて(グループ内の他の台の当たりを経由せずに)当たり番に選ばれやすい。
(4)しかし、グループの力が弱いために、好調サイクル台であっても、本来の実力が発揮しにく、たとえば、強いグループに入っていれば、8連荘できる台でも4連荘程度で終わってしまう。
(5)唯一の好調台が比較的満足できる連荘数(7~8連荘等)を記録しても、つなぎ役の台が発生しにくいため、好調台でありながらも次の初当たりまで軽くハマる(例・ミドルで7連荘した後に450回転ほどハマってから6連荘)。
(6)グループ内の唯一の好調台の調子が良くても、ハマリの回転数は少なくても、時にはハマらずに当たっても)どこかで小刻みにくだらない当たりを連発して、その後はグループごと沈む。(例・ミドルで5連荘→250回転で単発→130回転で3連荘→300回転で2連荘→その台もグループ内の他の台も揃ってハマリ)
(7)稀にグループの最強台が爆発することもあるが、当たり番のグルグル回しがないために、同規模の連荘をする台が現れることはほとんどない。(1台だけが独走して、その間、同グループの台を打っている人にはなんの恩恵もなし。1台の爆発が終わった時にグループの力もガタ落ち)

パチンコの攻略には台同士の協力関係が必要.jpg このように、弱いグループの中にある好調台にたまたま座れた人は勝てますが、同グループの他の台は座っただけでその日の大負けが決まったも同然です。互いに助け合う展開には決してならないからです。

ホルコン グループの強弱.jpg 通常のホルコン攻略では、当たり台が出るとその台と同じグループ内で打つことになりますが、すぐに打っても、少し時間を置いて打っても、かなりの時間が経過してから打っても、弱いグループでは期待薄なのです。

 それはグループが弱いために、ホルコンがそのグループを滅多にアクティブ(グループ当選状態)にしないからです。これはホルコンのことを多少かじった素人が常に犯す過ちです。

ホルコンは未来を読む

 強いグループがその強さを維持するために重要な条件はグループ内の台の稼働率です。

 ホルコンは「このグループの台は打っている人が多いので当分の間、お金が落ちる」と予想して、それを見越して何台も当てたり、多連荘を許可するのです。

ホルコン出玉調整の仕組み.jpg グループ内の当たらない台を打っている人が費やすお金が当たり台を打ってる人の財布の中に入り込んでいるようなものです。

 しかし、先に当たって十分にお金をもらった人は今度は次に当たる台のために、(たとえ好調台で貢ぐ時間がごく僅かであっても)貢ぎ役に変わります。(復活後は再び貢がれる番となる)

もう一つの重要ポイント

 グループの稼働率の高さが重要であるのは「財源確保」のためだけではありません。席が埋まっていることによって、スムーズな当たり番パスを可能にする事実を軽視してはなりません。

パチンコ当たりやすい台.png もちろん、一時的にグループ内の1台、2台が空席になっても、すぐにはグループの力は落ちません。

 鉄板のたとえ話をしましたが、グループには、まだ「余熱」が残っているからです。

 今まで稼働率が高かったグループから急に打つ人が一人や二人いなくなっても、一時間、一時間半くらいまでは当たりやすい状態が保たれます。(その間に空席が埋まれば、強さをいつまでもキープできる)

悩ましき問題

 余熱が残っている状態で当たり番の台に座れば、それほど待たされることなく当てることができます。

 しかし、最も悩ましい問題は、当たり番の台を誰も打っていない状況です。

ハマリ台が当たる時.jpg 誰も打っていない当たり番の空き台がまだまだゴール(出玉限界)に達していない好調サイクル台の場合は喜んでその台を打てばよいだけのことですが、好調台の当たりが続きすぎて、「このへんで遊び台にも当たりが入る」というタイミングが必ず訪れます。

パチンコ プロの台選び.jpg このタイミングで当たる遊び台は好調サイクルに変換されて爆発することがほとんど期待できないため、海殺しXに習熟した人ほどその台を他人に打たせて先に当てさせ、その後に本命台(大連荘、爆発が期待できる台)を打ちたくなります。

 何故ならば、まだまだ行ける好調台がある時にやっとの思いで当たらせてもらえる遊び台(通常サイクル台)の大半はつなぎ役にさせられるからです。

究極の遊び台

 今まで長い間、ホルコンのお仕置きを受けてきたというのに、単発や2~3連荘を出した後は再びお仕置き期間に入りやすいのがそのような究極の遊び台の最大の特徴です

パチンコのはまりのメカニズム.jpg 悪いたとえかもしれませんが、懲役500回転の刑に服した台が再び罪(くだらない当たり)犯して、シャバにいられたのは束の間にすぎず、元の刑務所に放り投げられ、懲役600回転を言い渡されるようなものです。

 したがって、ホルコン攻略のトッププロはよほどのことがない限り、このような台を打ちたがりません。

失速する危険と復活の鍵

 このような遊び台が当たり番に選ばれ、その台を誰も打たない状況が続きますと、今まで次々と当たりを台を出してきた強いグループの動きがピタリと止まります。(当たり番以外の台には頻繁にスーパーリーチが発生してはことごとく外れ、好調台には当たりが期待できる信頼度の極めて高いスーパーリーチ、海物語シリーズであれば魚群、ビッグバイブ等が発生して外れることも多い)
ホルコン グループ構成.jpg
 しかし、誰かが当たり番の台を当てて、単発でも2~3連荘でもしてくれれば、グループ内の好調台が急に息を吹き返し、再びグループ内に多連荘の嵐が吹き荒れることになります。(これが当たることがわかっている台ても他人に打たせたいという妙な心境の理由)

お悩みメール紹介

パチンコお悩み相談.png ここでリヴィエラ門下生のK.Kさん(東京都・女性)から届いたご相談のメールを紹介させていただきます。(以下、お名前のみイニシャル表記に変えて抜粋。一箇所のみ伏字処理をご容赦下さい)

佐々木様 Kです。秋も深まり、そろそろ冬支度を始める季節になりました。いかがお過ごしでしょうか。前回は危険領域速攻法の要領をわかりやすく教えていただいて感謝しています。だいぶ成功率が上がったと思います。・・(中略)

今回は悩みごとの相談です。海殺しXを始めて2ヶ月もたっていない未熟な私ですが、これまでの経験から爆発する台がすぐにわかるようになりました。すでに何度も爆発に成功して、佐々木様にすすめられたパチンコ預金が40万円を超えました。(筆者註・「パチンコ預金」とはパチンコのトータル収支が+10万円か20万円になった時に銀行口座を新設してその全額を入れ、それ以降、軍資金はそこから下ろし、利益が出た時はその口座に入れるシステムのこと。今までにパチンコで蓄財した額がすぐにわかるため、いちいちノートに記録をつけるのが面倒な忙しい人に向いている)

爆発する台がわかるようになっただけで感謝の気持ちいっぱいなのですが、どうも最近の私は知らないうちにプロになりかけているようで、打てばすぐに当たる台でも、あまり打ちたくないことが多いです。

佐々木様も何かのコラムで書かれていましたが、自分の体験も含め、中継台が単発や2連チャンした後に爆発する台が当たるということを何回も目撃しているうちに、「あの台は中継台だ」ということもわかるようになりました。・・・(中略)

先日は久々に海を打ちました。(沖縄5)6連荘したのですが、最初の当たり方が一発告知で好調台のパターンでした。
(筆者註・一発告知の識別は海物語シリーズ攻略のための「一発告知」学参照)

連チャン中にはカシオペア攻略術に書いてあった●回転目の当たりもありました。(筆者註・カシオペア攻略術に記載されている神秘の回転数のこと)それなのに、突確入りの6連チャンで終わってしまい、時短が終わってすぐに出た大乗りからの魚群でも当たりませんでした。これは絶対、おかしいですよね?

しばらく台を休ませて、同じユニット(筆者註・グループ)の別の台が当たるのを待ちましたが、どの台も当たりません。よく見ると1台だけ誰も打ってない台がありましたので、待つのがいやになって、その台に移りました。予想通りというか、それ以上というか、10回転もしないうちに当たってしまいましたが、単発。その時短中に私が打っていた台を時短が終わったばかりの台を打つのが好きな人に取られ、私の時短が終わったらその人も当たって13連チャンしました。

似たような経験が過去にも何回もありました。こういう時、どうすればよいのでしょうか?・・・(後略)

どうすることもできない

パチンコ 連荘しない台.jpg K.Kさんの提起された問題はパチンコ攻略の最大の壁です。奇しくもK.Kさんご自身が仰るように、この人は間違いなくプロへの道を歩まれておられます。

 K.Kさんのお悩みはプロならではのものです。当たる台がわかっていながら打たない人が素人でいるでしょうか!

パチンコ攻略の壁.jpg あまりにも悩みの種類が異質すぎて、私(佐々木)も返答に窮します。冷たいようですが、上の小見出し(どうすることもできない)が私からの回答となります。

解決策はあるが・・・

 アシスタントでも連れてパチンコを打つならば話は別です。

パチンコ打ち子.jpg アシスタントに千円か二千円を渡して、「あの台を打ってくれ。当たった後は出玉換金後に折半しよう」とでも言って頼めばよいだけです。

 自分は本命台で待機して、K.Kさんの台を奪った人が当たったタイミングで打てばよいですし、つなぎ役の台が危険領域に近づいていれば、カシオペア攻略術が教える危険領域速攻法で攻め込むだけで好調台は簡単に当たることができます。(本来のカシオペア攻略術に関しては、カシオペア攻略術FAQを参照)

パチンコで大勝ち.jpg 読み筋通りの展開になれば、自分の台が爆発して、それにプラスしてつなぎ役の台(必ずしも単発 or 2~3連荘とは限らない。強いグループのつなぎ役は4~5連荘することもある)の台の出玉も半分は自分のものとなり、笑いが止まりません。

適当に対処するしかない

パチンコをグルで勝つ方法.jpg しかし、パチンコというものは、普通は一人で打つものです。完全出来高制という条件でホールに同行してくれて、出番が来るまでじっと待ってくれる忍耐強いアシスタントを探すことは極めて難しいと思います。

 日当を払えば可能でしょうが、その場合、アシスタント不要の展開になった時にアシスタントに支払う日当が無駄になってしまいます。

パチンコ 台を休ませる.jpg したがって、K.Kさんが指摘されたような状況を迎えた時は適当に処理するしかないでしょう。

 「適当」という言葉の本来の意味は「適切」ですが、実際には「臨機応変」、「直感的」、「いい加減」という意味で使われることの方が多いような気がします。

 私もこのような状況に頻繁に直面します。自分の打っている台が明らかにゴールに達していない好調台であったり、爆発の可能性の高い有望な台の場合は10分、15分は平気で待ちます。(つなぎ役の台に誰かが座り、当たってくれるのを待つため)

パチンコ 我慢の限界.jpg すでに十分な収益を出している日は時間は惜しくても30分くらい待つこともできます。しかし、それ以上の待機となれば、時間が惜しくなり、気は向かなくても、つなぎ役の当たり番の台を打ってしまいます。

 打てば大抵はすぐに当たりますが、当たった後がぱっとしないことばかりです。

理想的な展開

 理想だけを述べれば、自分が当たり番の入った冴えない台で当ててから本命の台に移動して爆発させることです。

パチンコ勝負術.jpg 時にはシナリオ通りの展開となり、最高の気分にもなりますが、残念ながら、なかなかこのような展開になることはなく、大半のケースにおいて、K.Kさんのように、本命台を他人に取られて、自分の台はくだらない当たりに甘んじて、本命台には多連荘、大連荘を許してしまいます。

パチンコホルコン出玉調整の秘密.jpg しかし、当たり番の入った空き台を放置したまま(=誰も打たない状態がずっと続き)本命台を打っても、全く当たらない仕組みになっている以上、こればかりはどうすることもできません。(それなりにハマれば、ホルコンの計画変更により、好調台はこのような状況でも当たることもあるが、当たるまでの時間が惜しい上に海殺しXのテキストブックが教えるサイクル状態が生じ得る回転数を通過して好調サイクル状態を失う危機まで覚悟しなければならない。サイクル転落が起これば、次に当たるまでに少々のハマリでは済まされないことが多い

記憶から離れぬ失態

パチンコで勝てない人.jpg 忘れもしない昨年の今頃、私もK.Kさんと非常によく似た経験をしました。打った機種も同じスーパー海物語IN沖縄5でした。

 私の初当たりはサムの出現でした。K.Kさんの初当たりは一発告知の良いパターンでしたが、プレミアム演出はそれ以上に期待が持てます。

 しかし、4連荘でストップしてしまいました。K.Kさんが6連荘した台を「この程度で終わる台ではない」と思われたように、私も自分の台の早期復活を信じていました。

海物語19テンパイ.jpg ところが、時短終了直後にウリンチャンスの外れがあり、その数回転後に1x9ダブルリーチで魚群が出て外れました。

 冴えない台がこのようなふざけたことをした場合は大ハマリの前兆ですが、好調台は当たり番をスキップされた時に打ち手に大きな失望を与える挙動を示すことがあります。

ウリンチャンスのはずれ.jpg 私もK.Kさんのように打つのをやめ、同グループの台の当たりを待ちましたが、一向に当たり台が出ません。グループ内のもう一つの好調台(私の台のライバル)もウリンチャンスを外しましたので、これは事件の様相を呈してきました。

フィーバークイーンⅡ 爆発しない台.jpg 私のグループには誰も打っていない甘デジのフィーバークイーンⅡのハマリ台がありました。この台は200回転(甘デジにしては十分にハマリ)くらいで当たっては3~4連荘で終わったり、100回転くらい回して単発当たりが出るということを延々と繰り返してきた究極の遊び台でした。

 夜も遅かったので終日浮かばれない台である可能性が強く、とても打つ気になれませんでしたが、この
台に久々の当たり番が入ったのは状況から判断して明らかでした。しかも、回転数は200回転過ぎで如何にもハマリ台の給料日(リヴィエラ用語)が発生しそうな数字でした。

パチンコ 素直に喜べない当たり.jpg 待てど暮らせど、誰もその台を打ってくれないため、痺れを切らした私は泣く泣くその台に移りました。なんと最初の1回転で当たりましたが、【遊タイム攻略】P大海物語4スペシャルオマケ情報として紹介したフィーバークイーンⅡの「悪い当たり方」(キング図柄での当たり)でしたので嫌な予感がしました。

 単発当たりこそ免れたものの、3連荘で撃沈して、しかも、3連荘した時にその台がカシオペア攻略術にて解説する危険領域に突入しました。

スーパー海物語In沖縄5の爆発台.jpg 私は「こんな台は勘弁してくれ」という心境で元の台に戻る準備をしていましたが、運が悪いことに、元の台は他の客に取られ、私が当てたフィーバークイーンⅡ危険領域に入った後、私の台の時短中に今は他人が打っている元の台から当たりを知らせる一発告知の音が聞こえてきました。(当てた人がリヴィエラ門下生である確率は限りなく低いため、何も知らない素人が偶然に危険領域速攻法を成功させたと見てよい)

パチンコ 遊び台.jpg あの一発告知の音は忘れることができません。胸に突き刺さる実に嫌な音でした。

 私が打ったフィーバークイーンⅡのつなぎ当たりによって死の淵から甦ったサム出現台は17連荘を記録しました。

 甘デジの3連荘とミドルの17連荘・・・比較する気にもなりません。私は這う這うの体(ほうほうのてい)家に帰りました。

収支に応じて柔軟に

 K.Kさんをお慰めするために、私自身の忌々しい経験について語らせていただきましたが、やはり、こればかりは防ぎようがありません。

パチンコ柔軟な勝ち方.jpg いくら待っても当たり番の台を誰も打ってくれない時は、その日のそれまでの収支に応じて、適当に対処するしかないでしょう。

パチンコに柔軟に勝つ.jpg すでに大勝ちしている時は、少ない出玉を覚悟の上でお座り一発で当たり番の台を当て、もらえるものだけもらっておいて、その後に自分の元の台が爆発しても泣きながら家に帰るとか、まだまだ閉店までに十分な時間が残されている場合は別の強いグループの中にある有望台に移り、心機一転、爆発を狙うなどの選択肢があります。

 これこそが「適当に対処する」という言葉の意味です。

メリットもデメリットも

 ネガティブな話で終わりたくありませんので、K.Kさんのようなプロの一歩手前のような人向けではなく、海殺しX初心者のために明るい話題で最後を締めたいと思います。

パチンコに勝つコツ.jpg パチンコで確実に勝つために強いグループで打つことの重要性はこれ以上説明する必要はないと思います。強いグループで打つことのメリットは言い尽くしましたが、デメリットも強いグループならではのものです。

 そもそもK.Kさんや私がやらかした失態も弱いグループではよほどのことがない限り生じません。

海殺しX攻略法.jpg 弱いグループの台は当たることすら難しいのに対し、強いグループでは、冴えない台にもお座り一発で当たるチャンスが何度かあり(メリット)、当たったことを少しも喜ばず、その後の出玉量が不満(デメリットというのは、ある意味で実に贅沢な悩みです。弱いグループでは当たることすら難しいわけですから。

渋滞なしのグループで

 当たり番に選ばれた台が空き台になっていて、その台を誰も打たないことが強いグループの「停滞危機」を招くことを述べましたが、逆に言えば、そのような台(当たり番ではあるけれども当たっても伸びが期待できない台)に誰かが座ってくれさえすれば、強いグループの当たり番グルグル回しはストップせず、その強さが長時間にわたって続くということです。

勝ちやすいホルコングループ.jpg 半日以上、グループの強さをキープできることもありますし、時には、ほぼ終日にわたって強いことすらあります。

 もちろん、常に全台稼動と状況は望めませんが、入れ替わり立ち代り、空き台をいろいろな人が打っていれば、時折、2台、3台が空くことがあっても全く意に介しません。

 要するに、当たるべき台が予定通りに当たりさえすれば、車がスムーズに流れる道路のようなものなのです。

ハマリ台の背景.jpg 性能の優れた車(サイクル状態の良い台)も性能の劣った車(サイクル状態の悪い台)もスピードに差はあっても走ることができます。渋滞(当たり番の空き台を誰も打たないために生じるトラブル)が生じないからです。

 したがって、渋滞しないグループで死に台を避けて打つだけでパチンコは簡単に勝てるようになるということです。

勝率8割は簡単!

パチンコ勝率8割.png リヴィエラ門下生の皆様は海殺しXをマスターされた後、シマの中にある二つか三つの強いグループに着目して、それらのグループに属する中以上の台を打つことを常に心掛ければ、皆様の最初の目標となるパチンコ勝率8割いともたやすく実現します。

パチプロの収入.jpg 勝率9割が実現すれば間違いなくプロ級の腕前ですが、勝率は8割でも、7割でも、爆発狙いのテクニックに長ければ、プロ級の稼ぎになります。

教科書と副読本

 私の執筆するコラムには、頻繁に「海殺しXのテキストブック」という言葉が出てきます。海殺しX購入者のお手元に届く攻略情報は海物語に限らずパチンコ各機種を攻略するための教科書です。

パチンコの教科書.jpg しかし、教科書には必要最小限(とはいえ、それで十分)の情報を掲載していますので、門下生の皆様の理解を深めるために、私は一連の攻略コラムを発表しています。

 今回のコラムもそうですが、ブログ記事(コラム)は副読本、あるいは参考書であると思って下さい。

塾通い

 子供の時分に勉強嫌いであった私は現役で大学に合格できず、浪人時代にはじめて予備校に通いましたが、それまでは塾に行った経験がありませんでした。

パチンコ攻略塾.jpg 私の居住する地域は高学歴の人が多く、子供を良い学校に入れるために、子供が小学校の頃からハイレベルな進学塾に通わせる親が目立ちました。私が小学生の時にクラスの9割近くがなんらかの塾に通っていました。

パチンコ攻略のための参考書.jpg 私は塾通いで遊びに時間が取れない級友たちを不憫に思いましたが、塾通いをしている彼らは塾に行っていない私を逆に憐れんでいたようにも見えました。

パチンコ攻略塾

パチンコ攻略法情報.jpg そんな話はどうでもよいことですが、リヴィエラ倶楽部はパチンコ攻略塾のようなものです。プロレス、格闘技、将棋を趣味とする私は過去に「パチンコ攻略道場」という形容を用いたこともありましたが、平たく言えば当倶楽部はパチンコ攻略塾です。

リヴィエラ倶楽部の正体.jpg パチンコに勝つためには攻略知識の集積が不可欠です。

 台のデータや大当たり回数を見てなんとなく「この台が勝てそうだ!」と山勘で台選びをしている人は一生かけても勝ち組には入れません。パチンコとはかくも厳しいものです。

ワンステージ上の生活へ

リヴィエラ倶楽部とは.jpg しかし、当倶楽部は進学塾のように難しい数学の公式を暗記したり、厄介な英単語を無意味に頭に詰め込むような退屈な場所ではなく、学べば学ぶほど明るい未来が見えてくる楽しい場所です。

 そもそも倶楽部というものは遊ぶ場所です。

パチンコ副業.jpg 覚えなければならないことも至って簡単ですし、(中学卒業レベルの学力があれば十分)何よりもパチンコ攻略力の増進豊かな副収入を生み出し、この本業以外の収入が生活レベルの向上にただちに反映する点が魅力ではないかと思います。

パチンコ 打ち続けていては当たらない.jpg

 ワンステージ上の生活を実現するために、これからも最強攻略法・海殺しXを信じて、遊びながらパチンコの攻略を学んで下さい。

リヴィエラ倶楽部
佐々木智親
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ
関連コラム:
リヴィエラ倶楽部.jpg

<当倶楽部紹介>

<好評の大嘘シリーズ

<ホルコン関係
パチンコ大連荘.jpg


<アクセス急上昇

海物語攻略法.jpg

秘伝攻略の技で物価高に勝つ!
本物のパチンコ攻略法に出会う.jpg
Coffee Break

パチンコプログラマーの悲劇

 パチンコのプログラミングは、目的を果たすために、与えられた条件に応じて、機械が作動するように設計する。常に主体が何であり、目的を達成するための条件が何であるかが問われる。SANYOのプログラマーは「沖縄モードで5人目の娘が出れば、スーパーリーチが発生する」とか「2,3,4の図柄がシグマ状に並べば、ウリンチャンスが発生する」という要領でプログラムを組む。

 ある女性がパチンコメーカーでプログラマーの仕事をしている夫に買い物のお願いをした。
「ワインを買ってきて。卵があったら6つお願い」
 夫はワインを6本持って帰宅した。
「なぜ6本も?」
「卵があったからさ。主体はワイン、目的は買うこと。条件は卵の有無だろ? 卵があったので言われた通りにワインを6つ買ったんだ」
2022年12月 >>
            1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ
にほんブログ村

★☆★☆★リヴィエラ門下生必読記事

海物語の攻略は夢物語にあらず。「道はどんなに険しくても、笑いながら歩こうぜ」(アントニオ猪木の名言)