【コロナ禍】パチンコ業界が反撃開始!

全国遊技場青年部連合会.jpg
自治体の暴走とマスコミの偏向報道によって不当なバッシングを受けたパチンコ業界が歪められた真実を正すべく反撃の狼煙を上げた。パチンコホールは3密でもなければ感染リスクの高い場所でもない!

言われなき批判を反証

 2020年10月26日、全日遊連の下部組織、全国遊技場青年部連合会は「パチンコホールの換気実証実験」の映像をYouTube上に公開しました。

 ホールに人為的に煙を発生させ、10分後にどうなるかということを検証するデモンストレーションなのですが、見事なまでにパチンコホールの換気能力の高さを立証しています。(※パチンコホールは煙草の煙を如何にして排出するかという戦いに明け暮れた歴史があるため、他の施設とは比較にならない換気能力の高さを誇る。いわゆる「密閉空間」とはほど遠い)

密閉空間.jpg パチンコホールは都道府県の暴政とマスコミの悪意によって、新型コロナウイルスの感染リスクが高いという誤ったイメージを植えつけられてしまいました。

 明らかに事実に反するレッテルを貼られたため、業界側がついに反撃に出た形となっています。

公開された動画

 全国遊技場青年部連合会が制作した実験映像動画には4つのバージョンがあります。(以下参照)

(4分20秒)

(2分18秒)




 どれも控え目すぎる反論であるところに多少の不満は残りますが、パチンコ業界としては、お上の気持ちを逆撫ですることを極度に恐れているのでしょう。その結果、好感度の高い反論(?)になっています。

真正面から徹底抗戦を

徹底抗戦.png かねてより私どもは不当なバッシングを浴びたパチンコ業界は真正面から反論すべきであると提唱してまいりました。

 最近はホールに客足を戻すためにファン感謝デーなどが業界ぐるみで企画されていますが、アイドル店員戦略(【アイドル店員】パチンコ店がキャバクラ化?【SNS戦略】参照)にせよ、ファン感謝デーにせよ、このような試みは内輪だけで盛り上がるものであり、対世間の戦いになっていません。

 傷を負った者同士が慰め合うようなことをしていても、決してパチンコ人気の再燃にはつながりません。

当倶楽部の取り組み

パチンコバッシング.jpg 世間のパチンコに対する偏見を取り除かない限り、パチンコ業界に明るい未来はありません。

 私どもは国や自治体の犯した罪、マスコミの犯した罪を言論という手段を用いて糾弾しています。(下記コラム参照)


(パチンコバッシングの端緒を開いた西村大臣の軽率発言や一連のパチンコ差別の概要を論述)

(西村発言を鵜呑みにしてパチンコ業界への弾圧を仕掛け、法的義務のない休業要請に応じない施設を「パチンコ業界だけに絞って店名公表」という不公平な政策を打ち出した自治体に抗議)

(国や自治体の暴挙を援護射撃したマスコミの倫理観の欠如を批判)

images.png これらのコラムをまだご覧になっておられない方々は、お時間の余裕のある時にでも当倶楽部の主張に耳を傾けていただきたいものです。

 いずれも長文で恐縮ですが、反論の余地のないものと自負する次第です。

業界がおとなしい理由

 本来であれば、このような抗議活動はパチンコ業界が展開すべきことです。

3店方式.jpg しかし、私どもの知る限りでは、マルハンの社長と一部のパチンコライターが不当なパチンコバッシングに対して遠慮がちに反論しただけであり、それ以外の業界関係者は泣き寝入りしたままとなっています。

 やはり、パチンコ業界は政府がパチンコの換金を禁止する万一の事態に怯えているのでしょう。現行の三店方式(換金システム)を非合法化する切り札を政府が持っている以上、業界側からの強烈な反論は難しいようです。

見た目は地味でも

 とはいえ、今回、パチンコ業界団体が控え目ながらも世間に流布されている謬説(パチンコーホールが感染リスクが高いという事実誤認)を正すべくアクションを起こしたことは評価に値します。

 控え目な反論は見た目には地味であっても、今後もこのような情報発信を業界側が続けていけば、徐々に世間の見方も変わってくるはずです。

アントニオ猪木VSモハメッド・アリ.jpg 話は変わりますが、昔、アントニオ猪木がボクシングの世界チャンピオン、モハメッド・アリと異種格闘技戦を戦ったことがあります。ある程度の年齢の人であれば知らない人はいないでしょう。

 アリ陣営から無理難題を押しつけられ、プロレス技の大半を使用禁止にされた猪木は終始、マットの上を寝転びながらアリのパンチを封じ、自らは写真のように下からのローキックだけで戦うという作戦をとらざるを得ませんでした

 アリはボクシング技の全てが使えるのに対し、猪木はほとんどのプロレス技が許されません。

アリキック.jpg 関節技はダメ、投げ技もダメ、飛び技もダメ・・・これではまともな戦いにはなりません。猪木は殴ることと蹴ることしかできないのです。

 拳で殴れば反則になりますで、殴るとすれば張り手か掌打くらいしかありません。

パチンコ集団リンチ.jpg しかも、アリ陣営からは、「このルールの詳細を公にしてはならない」という醜い要求まで突きつけられ、「それに承諾しなければ試合をせずにアメリカに帰る」という有様でした。

 結局、二人の試合は「異様な光景」を観客に見せつけることになります。

 寝転びながら蹴り続ける猪木に対し、逃げ続けるアリの試合は膠着状態がほどけぬまま最終ラウンドにもつれこみ、決着はつかず引き分けに終わりました。素人目には両者ともにノーダメージのように見えました。

世紀の大凡線戦.jpg 派手な技の応酬を期待していた観客は失望し、翌日の新聞の紙面には「世紀の大凡戦」、「観客激怒」といった見出しが躍り、試合内容は酷評されました。

 しかし、事実上の勝者は明らかに猪木でした。

 試合後、リング上では平静を装っていたアリでしたが、控え室に戻ってからは、まともに歩けない状態でした。結局、足の負傷が原因で一ヶ月の入院生活を余儀なくされ、これが致命傷となって、ボクサー人生に終止符を打つことになります。

パチンコに市民権を

パチンコホールの換気実験.jpg   猪木対アリの一戦は現在の総合格闘技ブームの嚆矢となった試合です。

 今では格闘技通の人は例外なくこの試合を「究極のセメントマッチ(真剣勝負)」と称え、猪木が見せた奇策を絶賛します。

 当時はプロレスファンの大半が「こんな試合はプロレスの恥。やらない方がよかった」とさえ思っていました。

パチンコに市民権を.jpg しかし、アンフェアな条件を堂々と受け入れ、知恵と勇気をもってアリとの勝負に挑んだ猪木はその後、栄光の格闘ロードを歩み始めることになります。

 アリとの戦いを終えた後も、猪木は空手、柔道、カンフーなどの猛者と戦い続け、対戦相手をことごとくマットに沈めました。

 大衆も徐々に猪木対アリの試合の凄みに気づき始め、猪木こそが世界最強のレスラーであることを確信するに至りました。

 現在のパチンコ業界の状況は、アリ戦の時に不平等なルールで雁字がらめになりながらも、できる限りのことをして戦い抜いた猪木のようなものではないでしょうか。

 普通に戦えば敗北必至、何か奇策を用いない限り、窮地を脱することは不可能です。

 全国遊技場青年部連合会が思いついた公開実験(奇策)は、寝転びながらローキックを放ったかつての猪木を彷彿させます。

偏見.jpg 当時、猪木の前にはもう一つの敵が立ちはだかっていました。それは世間がプロレスに対して抱く偏見(イメージの悪さ=茶番、野蛮、低俗、八百長、見かけ倒しで実際は弱いetc.)でした。

 猪木は常に心の中で、この偏見とも戦っていたのです。

 プロレスを武道とみなし、「最強の格闘家」を自任する猪木にとって、プロレスを過小評価する世間の視線はあまりにも辛すぎるものでした。

世間の目を変えるために.jpg 一連の異種格闘技戦は「プロレスは格闘技の集大成、あらゆる格闘技の中で最強のもの」と声高らかに宣言した若獅子時代の猪木がプロレス市民権勝ち取るために始めたプロレスを嘲笑う世間との闘いに他ならぬものした。

 今、マスコミの偏向報道や科学的根拠なしにパチンコホールを危険地帯と決めつけ卑劣な差別政策を平然と
行った自治体の暴挙に騙されて、国民のパチンコへの反感が異様に高まっています。

パチンコ蔑視.png プロレスが他の格闘技、スポーツよりも一段低く見られるように、パチンコも他の娯楽とは異なり何かと蔑視されがちです。

 さらにパチンコ依存症という社会的な問題国民の反ギャンブル感情が厳然と存在します。それ故、パチンコを擁護する論調の記事は世間の歓迎を受けません。本稿も然り。

パチンコバッシングとの戦い.jpg このような風潮の中で、今、パチンコ業界は手足を縛られながら必死に戦っています。

 世間の意識を変えるためには、長丁場の戦いは避けられませんが、いつかはパチンコにも市民権が与えられるように、業界団体には奮戦を続けていただきたいものです。

 世間のプロレス観を変えるために、勝ち目のないルールを敢然と受けて立ち、「如何なる条件で誰と戦おうが決して負けない」と自分の実力を信じてアリと対峙した猪木のように、あらゆる手段を駆使して、世間の風向きを変えていく努力が今のパチンコ業界には求められます。

皆様へのお願い

 このたび紹介した公開実験(動画)は多数のマスコミ関係者を招いて行われました。しかし、このデモの模様を報道するメディアはほとんどありません。

 今までパチンコバッシングに加担していたマスコミは自分たちに都合の悪いことは一切報道しないという無責任な態度を貫いています。

 パチンコ業界あっての攻略活動です。

E38391E38381E383B3E382B3E6A5ADE7958CE59BA3E4BD93E3818CE585ACE9968BE5AE9FE9A893.jpg パチンコ収入が生計の一部になっているリヴィエラ門下生最強攻略法・海殺しX購入者)の皆様は日頃、稼がせてもらっていることへの恩返しとして、窮地に陥っているパチンコ業界(ホール、メーカー等)に救いの手を差しのべるのが仁義というものです。

 前出のコラムマークのついたもの)全国遊技場青年部連合会が制作した動画をツイッター、フェイスブックなどのSNSで拡散していただき、少しでも世直し運動にお力を貸していただければ幸いです。

大海物語4スペシャルに期待!

P大海物語4スペシャルの爆発.jpg 末筆となりますが、数日前にかねてより予告していたP大海物語4スペシャルがついに登場しました。ホール導入日を境に前々回記事、【遊タイム攻略】P大海物語4スペシャルのアクセス数が大爆発に転じました。

   周知の如く、P大海物語4スペシャルは新規則機特有のケチ出玉にイライラしている人の鬱憤を晴らすかのような斬新なスペックが人気を集めています。

パチンコ業界の反撃.jpg ミドル派で海殺しXを海以外の他機種に用いず、海で正攻法の勝負をされたい門下生の方々は当分の間、P大海物語4スペシャルが主な収入源となるでしょう。

 皆様の戦跡報告メールを鶴首して待ちます。

リヴィエラ倶楽部
夢追い人の談話室
全日遊連.jpg
2021年03月 >>
   1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31         

カテゴリ

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ
にほんブログ村

★☆★☆★リヴィエラ門下生必読記事

海物語の攻略は夢物語にあらず。「道はどんなに険しくても、笑いながら歩こうぜ」(アントニオ猪木の名言)