【激アツ】超スーパーリーチ論考(パチンコ攻略理論)

5dd8b174-acbc-449c-b7ad-5ab9ac1f0231.jpg
「普通は当たる激アツのスーパーリーチ」で当たらない台は捨てるべきか、粘るべきか? 激アツのスーパーリーチで当たってもその後がぱっとしない台の行方は? ホルコン博士の佐々木智親が解説する全機種共通の攻略理論!

超スーパーリーチ

 パチンコにはどの機種にも「当たって当然」と言えるほど信頼度、期待度の高いスーパーリーチがあります。大抵はなんらかの刺激的な演出を伴います。

リーチリベンジ予告.jpg 保留の色が金色、滅多に出ないカットインが発生、役物が発動、大きな音、ボイス予告、ハンドルの振動、光や風の発生・・・と機種によって演出方法は様々ですが、野球にたとえれば、打球がスタンドに入り、ホームランが確定、後は走るだけというような状況です。

 ご丁寧にも「激アツ」と表示される機種もあります。この表示の有無はともかく、大半の機種には激アツ演出が搭載されています。

 激アツ演出後の長いリーチアクションは儀式のようなものであり、一塁から二塁、二塁から三塁、三塁から本塁と走っているようなものです。

大海物語4予告演出.jpg 海物語シリーズだけは他機種とは違って激アツであっても長すぎるリーチアクションを伴いません。

 最高の演出とされる魚群もそれほど高信頼度ではありませんが、その代償として、普通のスーパーリーチやノーマルリーチで当たる可能性が他の機種よりも遥かに高めのスペックに仕上がっています。

 とはいえ、単なる魚群ではなく、刺激的な演出(チャンス目の3回連続、ビッグバイブ等)が伴う魚群は他機種の激アツ演出に相当する超スーパーリーチです。(以下、普通は当たる激アツのスーパーリーチをこのように呼ぶことにします)

激アツで外れるとは!

激アツリーチを外す.png 普通は当たる超スーパーリーチが発生して、「今までの苦労がやっと報われた」とほっと胸を撫でおろしていると、長いリーチアクションの末に不運にも当たらず、愕然とすることがあります。

 このたびの攻略レッスンのテーマは超スーパーリーチで当たる台、外れる台のその後の動向です。

激アツのスーパーリーチ.jpg なお、はじめに断っておきますが、100パーセント当たるプレミアム演出のスーパーリーチは超スーパーリーチに含めません。(以下の説明における激アツの超スーパーリーチをプレミアム演出に置き換えないで下さい)

 まずは当倶楽部に寄せられたリヴィエラ門下生最強攻略法・海殺しX購入者からの質問のメールを紹介致します。(お名前はイニシャル表記に変えています)

エヴァンゲリオンの悲劇

リヴィエラ倶楽部様

お世話様です。佐世保のTです。購入以来、なんとか勝ち組への仲間入りができました。それには本当に感謝していますが、一ヶ月の収支が安定しないのが現在進行形の悩みです。

調子の良い時はプロ並みの収入にもなりますが、調子が悪い時は月に5万円くらいしか勝てないこともあります。そういう月に限って、激アツのスーパーリーチで当たらないことが何回もあります。

海殺しXのやり方を知ってからは、ちょっと打っただけで激アツリーチを見る頻度が異常に高まりました。然し、当たらないこともあるので戸惑っています。

私は海殺しXで新世紀エヴァンゲリオン~シト新生という機種を打っています。自分の経験からこの機種の方が海よりも爆発しやすい気がするからです。・・・(中略)

この機種は「次回」という予告が出ると当たる確率90パーセント近くのリーチに発展します。「次回」の後に続く言葉は「男の戦い」とか「奇跡の価値は」です。

こういうのをあっさりはずしてしまう台というのは即やめした方がよいのでしょうか?
粘っていると最終的には爆発することもあるので判断に迷います。・・・(後略)

(長崎県 M.Tさん 男性)

状況の整理

新世紀エヴァンゲリオン.jpg M.Tさんは勝ってはいるが収支が安定しないとのことですので、今後の課題は台選びでしょう。

 超スーパーリーチを頻繁に体験できるようになったということは、ホルコンがアクティブ(=当選状態)にしているグループ(ユニット)を見抜く力はすでに一流ということです。

次回 静止した闇の中で.jpg 打った途端にレアもののスーパーリーチが出ることが多いということは、海殺しXの技量はすでに中級以上とお見受けします。

 すぐに超スーパーリーチを出してそれで当たれば小額投資での当たりですので、連荘数を問わず勝ち逃げが可能です。超スーパーリーチで当たらないことが多いという弱点は台選びの能力を高めることで克服可能です。

 超スーパーリーチを外すという現象は同グループの好調台にまだ新たな初当たりが許される段階で不調サイクル台を打っている時に最も多く発生します。

セールスポイント.jpg パチンコはどの機種にも最大の見せ場があります。それが出ても当たらない台ということは高確率でその台は(その時点では)不調サイクルから抜け出せていません。

サイクル状態による差異

次回 瞬間、心、重ねて.jpg 今までにスーパーリーチやリーチがほとんど発生しなかった台、あるいは、何度もスーパーリーチが発生するも当たる気配が全くない台に「次回」の予告が発生して、無事に当たって客を喜ばせるのがエヴァンゲリオンのシリーズに見られる特徴です。

 それで当たらなかった場合は、ほどなくしてグループ内の当たり番の台(ホルコンが次の当たりを予定している台)が普通は当たります。

信頼度の高いスーパーリーチで当たらない.png 好調サイクル台通常サイクル台不調サイクル台を超スーパーリーチ(激アツ)という観点から特徴づけるとすれば以下のようになります。

●好調サイクル台・・・激アツで当たり、その後は多連荘もしくは爆発、好調な数珠連
●通常サイクル台・・・激アツで当たり、多連荘しない。あるいは、4~5連荘後に撃沈
●不調サイクル台・・・激アツを外す

 不調サイクル台以外は超スーパーリーチで普通は当たります。

好調台と遊び台.jpg しかし、好調サイクル台が超スーパーリーチで当たった後、その興奮が冷めやらぬうちに次から次へと衝撃的な出来事(確変中の快進撃、単発当たりと見せかけた後の確変昇格、潜伏確変、時短中の確変引き戻し等)が連続するのに対し、通常サイクル台の興奮はほんの一瞬だけで終わり、連荘終了後は再びスーパーリーチの発生頻度の低い退屈なゲーム展開、あるいは、スーパーリーチが頻発するも一向に当たらないというじらされまくる展開に戻ります。

死に台は無視、遊び台は戻る

生贄の死に台.jpg どのグループにも大抵は「死に台」があります。いくら打っても当たることなく、泥沼のハマリから抜け出せない死に台の別名は生贄台です。その台に大金を注ぎ込む人がいるお陰でグループ内の他の台が繁栄します。

 強いグループの台は頻繁に当たりますが、順調に出玉を伸ばし続けるのは好調サイクル台だけです。通常サイクル台は好調サイクルに変換されるまで長時間勝負厳禁です。(当たりを拾った後は勝ち逃げしか考えない)

sozai_image_46140.png 見切りポイントさえ誤らなければ、強いグループの通常サイクル台はそこそこに勝ち逃げ可能です。海殺しX初心者の方は極力無理をせず、勝ち逃げを心掛けて下さい。

 熟練門下生の方は少しハードルを高めにしましょう。

 強いグループでは、遊び台の役割を担う通常サイクル台の中から次期チャンピオンが誕生します。したがって、遊び台しか取れない時は、連荘終了後もしくは単発当たりの後に、一旦、台から離れて、中ハマリの期間を他人に打たせ、その人がその台を見捨てた後に、頃合いを見てその台に戻ることを視野に入れて攻略に励んで下さい。

レア演出が出た遊び台

信頼度の高いリーチで当たらない.jpg 激アツの超スーパーリーチで当たってもその後に快進撃が始まらない台は典型的な遊び台です。

 いつまでも粘らずに早い段階で見切りをつけ、他の有望台に移動することを推奨します。

 但し、強いグループの遊び台はグループ内の台の稼働率が高ければ、いずれはサイクル変換が見込めます。

遊び台の見切りポイント.png 一般論として、遊び台(通常サイクル台)が好調台、不調台のどちらに転じるかは半々ですが、メーカーが売りとする超スーパーリーチで当たった実績のある遊び台に限っては好調サイクルに転換するケースが圧倒的に多いと覚えておいて下さい。

 当然ながら一時的に(当たりの発生が見込めない時、単発もしくは2~3連荘の当たりを出した直後など)手放しても、その後、グループ内から2~3台が当たった後に爆発する可能性を秘めていますので、戻る台の対象として常にマークしておきましょう。

強いグループだけを狙う

 但し、将来性のある遊び台は強いグループの中にある遊び台に限られます。

ホルコン後略.png 復習になりますが、強いグループの定義は以下の通りです。

他のグループと比較して、短時間内に複数台(3台以上が望ましい)が当たり、不運なつなぎ役の台を除き、多連荘(4連以上)が中心のグループ

ハマリ台 爆発.jpg 多連荘の大半は強いグループの台で発生します。爆発の大半も強いグループの台で発生します。

 特定の好調台だけに何度も初当たりが発生して、グループ内の他の台が滅多に当たらない弱いグループの台で打っても、よほどのことがない限り勝利は望み薄です。

 故に、強いグループ以外で超スーパーリーチで当たっても、その後に快進撃が始まらない台は時間を置いて戻る対象にはなりません。

注意喚起.jpg もっとも、リヴィエラ門下生の皆様は日頃から弱いグループの台を打つことはないと思いますので、こんな注意喚起は不要でしょう。

当たり番スキップ

 既述の如く、超スーパーリーチで当たらない台は高確率で不調サイクル台です。

 たとえ強いグループの中にあっても、その台が当たるためには気が遠くなるほど同グループの他の台が何度も初当たりする必要があります。

当たり番スキップ.jpg 「今度こそこの台が当たり番になるはずだ」と思っても、それは淡い願望に過ぎず、想像を絶するレベルで当たり番をスキップされまくります。

 一般のパチンコファンは「このひどい台は何回転ハマれば当たるのか?」という視点で考えますが、正しくは「このひどい台が当たるためには、何回、当たり番をスキップされなければならないか?」という視点で考えなければなりません。

ホルコンマニアの愚行

 昨今はホルコンに隠された秘密がもはや秘密とは言えぬほど一般のパチンコファンにも知れ渡っています。(とはいえ、知らない人の方が断然多いですが・・・)ホルコンの知識だけで勝とうとする浅はかな人々がどのホールにも存在します。

 当倶楽部では彼らのことをホルコンマニアと呼んでいます。(ド素人とセミプロの中間に位置する実力です)

ホルコン.png ホルコンマニアはアクティブなグループを見抜くことには長けていても、総じて強い台の実力(出玉量)を過小評価していて、強いグループの空き台を打つタイミングがデタラメです。

  グループ内の好調台の最盛期に、しかも、その台の確変中にグループ内の他の台を打ちまくり、火に油を注いでいます。自ら応援団長を買って出て、好調台の限度を超えた爆発に貢献しています。

爆発台はホルコンが作る.jpg ホルコンは好調台が快進撃を続けている時にグループ内の他の台(特に悪い台)を熱心に打つ人がいればいるほど、好調台に気前の良いプレゼント(多数の当たり)を与える習性があります。

 グループ内に確変中の台がある時に打ってよいタイミングはウルトラ速攻法カシオペア攻略術が教える危険領域速攻法の使用チャンスが巡ってきた時だけです。

 それ以外のタイミングではなかなか当たり番の移動がなく、次の当たりも約80パーセントの確率で確変中の台に持っていかれます。(但し、不調サイクル台が運良く確変連荘に入った時や通常サイクル台が分不相応の多連荘をしている時はその限りではない)

残りものに福

 今までぱっとしなかった台が桧舞台にのぼるためには、何度も当たり番をスキップされる必要があるのです。

ホルコン.jpg 「あの台がまた当たったか」とホルコンマニアはすぐにかっとなりますが、何度も当たり番をスキップされたお陰で今まで冴えなかった台が急に絶好調に転じることを知りません。

 強いグループでは、「残りものには福がある」と覚えておいて下さい。

 ミドルの場合、4台で1グループが構成されているホールであれば、死に台は8~16回連続で初当たりの当たり番抽選で除外される傾向があります。(8回スキップは良い方、16回スキップは最悪に近いケース)

強大なグループの例

激アツリーチ.jpg 言うまでもなく、初当たりとは確変中でも時短中でもない通常時の当たりのことです。

 一つのグループの中にA、B、C、Dの4台があるとします。仮にA台とB台が好調サイクル、C台が通常サイクル、D台が不調サイクルの死に台として説明します。

 グループ内に複数の好調サイクル台が入っているグループはグループ内の台の稼働率が高ければ高いほど、たちまち強大なグループになり、長時間にわたってシマ全体を制圧します。

ホルコン 強いグループ.png 通常、午前中はグループの強弱が明確ではありませんが、午後の早い時間帯(1時~3時くらい)には最強のグループが誕生します。これは台風一号のようなものです。

 具体的にはこのような展開を見せます。

(強いグループの当たり番移動の例)

A台が初当たりで8連荘
→その連荘中にB台が割り込みで初当たりをして4連荘
→A台、B台ともに静まり返った後にC台が初当たりで3連荘
→その連荘が終わった後にA台が2回目の初当たりで単発
→その時短中にB台が2回目の初当たりで5連荘
→その連荘が終わった後にA台が3回目の初当たりで6連荘
→その連荘中にB台が3回目の初当たりで3連荘
→その連荘が終わった後にハマっていたC台に2回目の初当たりが発生して2連荘
→C台の時短中にA台が割り込み、4回目の初当たりで7連荘
→その連荘中にB台が割り込み、4回目の初当たりで3連荘
→連荘終了直後に再びB台が当たり、5回目の初当たりで2連荘
→B台が200回転代後半でまたしても当たり、6回目の初当たりで単発
→再びハマっていたC台が3回目の初当たりで4連荘
→勢いの衰えたA台に5回目の初当たりが発生して単発
→その時短が終わってからC台に4回目の初当たりが発生して12連荘
→A台、B台ともに没落してハマリに入り、12連荘をしたC台が時短終了直後に5回目初当たりを出して3連荘
→その後、このグループからは全く当たりが出ない状況になるも、1時間以上経過した後、死に台のD台がついに当たって3連荘
→時短終了後に再びD台に2回目の初当たりが発生して9連荘・・・

考察

 上記の状況を頭の中でシュミレーションしてみて下さい。前半で好調に出玉を増やしているのはA台とB台の2台だけです。C台は当たりはするものの、出玉の蓄積ができていません。

ホルコンに選ばれた台.jpg バレンタインデーにたとえれば、A台とB台は毎年、多数のチョコレートがもらえるモテモテの男性、C台は毎年は無理でも時々、義理チョコがもらえる男性、D台は何年にもわたって義理チョコすらもらえない男性です。

ホルコンのひいき.png 後半に入ってからモテモテのA台、B台がチョコレートの食べ過ぎで「腹一杯」になった後でホルコンはこの2台のえこ贔屓をようやくやめ、今まで義理チョコしか渡していなかったC台に溺愛を始めます。

 D台は何時間もの間、一回の当たりすら許されていません。女性に全く振り向かれない男性のようなものです。

ホルコンの強いグループの特徴.jpg 上記は非常に強いグループの例です。最終的には全台が爆発に成功していますが、強いグループ以外の死に台はその日のうちにチャンスが回ってこないことの方が多いのです。(運良く当たっても、爆発することはほとんどない

 強いグループでありながら、上記の例では死に台のD台が当たるまでにA台が5回、B台が6回、C台が5回の初当たりを出しています。

 つまり、初当たりの獲得競争でD台は16回も当たり番をスキップされまくったのです。

 このような状況の中でD台はハマリの期間中に、最低でも一回は超スーパーリーチを外していると言えましょう。二回、三回と外している可能性すらあります。

images (2).jpg 上記の例では、最初はA台とB台の引き立て役に徹していたC台(遊び台)が最終的には爆発台に化けていますが、快進撃の端緒となった4回目の初当たりには超スーパーリーチが使われやすいということも覚えておいて下さい。

結論

 どの機種も激アツ演出は遊び台や死に台が好調台、爆発台に化ける瞬間やひと休みしていた好調台が復活する瞬間に出現しやすく、それ以外のパターンは、それで当たってもその後がぱっとしない展開となります。

泥沼のハマリ.jpg 激アツ演出でも当たらない台の大半は泥沼のハマリに突入するものです。

 もちろん、例外もあります。超スーパーリーチを外した台がその後、それほどハマらずに当たり、爆発することも稀にあります。

 しかし、「例外」に期待して打ち続けることは基本的に自殺行為です。

 いつも申し上げていることですが、パチンコの攻略とは高確率の法則に従って立ち回り、低確率で生じる例外ケースを無視することにほかなりません。

まとめ

 最後に今回のレッスン内容をまとめてみます。

1.超スーパーリーチで当たり、気分爽快な出来事が多発する台は爆発する可能性大。連荘終了後、次の初当たりまで適度に休憩を挟む必要はあるが、二度目、三度目の初当たりが十分に見込めるため、迂闊に台を手放すべきではない。

2.強いグループの遊び台に超スーパーリーチが発生して当たった後に多連荘しなかった場合や数連荘程度で終わりその後にハマった場合は同グループから何台か当たりが発生した後にその台に戻ると爆発しやすい傾向がある。

3.超スーパーリーチで当たらない台を信用すべきではない。稀に発生する例外現象を除き、泥沼のハマリに陥りやすい。

あらゆる機種の攻略を

 末筆となりますが、最強攻略法・海殺しXサロンから発表した【驚異の爆発力】PフィーバークイーンⅡの攻略のアクセスが爆発しています。

 門下生の皆様からも多数の感想メールが寄せられました。「確かめてみたらその通りだった」「薄々感じていたことは真実だったのか!」というような内容が多く、久々に大好評を博しています。誠に有難うございます。

激アツ演出.jpg 今、どのホールもコロナ禍の風評被害を被り、客が減っています。(将来は盛り返すと思いますが・・・)

 海殺しXに精通されている方であれば、海物語シリーズのシマをひと目見た瞬間に客の配置が攻略に相応しくないことがわかる時もあるでしょう。

 そのような時は、海物語にこだわらずに攻略に適したシマに移り、海殺しXで他機種の攻略に挑んで下さい。甘デジのシマが活況を呈しているホールであれば、ミドル専門の攻略家も時には甘デジを打ってみるという選択肢もあります。

grapes-2656259_640.jpg リヴィエラ門下生の皆様におかれましては、常に自らの芸域を広げる努力を惜しまず、あらゆる機種を攻略できるプロを目指して、実り多き人生を送るべく精進を続けていただきたいものです。

リヴィエラ倶楽部

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ

<当倶楽部主席門下生の偉業>



<当倶楽部紹介>


海殺しXであらゆる機種を制覇せよ!
ギンギラパラダイス情熱カーニバル.jpg
毎日をバレンタインデーに・・・

2021年03月 >>
   1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31         

カテゴリ

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ
にほんブログ村

★☆★☆★リヴィエラ門下生必読記事

海物語の攻略は夢物語にあらず。「道はどんなに険しくても、笑いながら歩こうぜ」(アントニオ猪木の名言)