聖夜の大爆発!【Pスーパー海物語IN沖縄2攻略】

DeJ293oU8AA89T5.jpg

新コラム紹介

 はじめに事務連絡です。先日、最強攻略法・海殺しXサロンに【甘デジ海物語攻略】時短終了時の決断(台移動or続行?)と題したコラムを発表致しました。お陰様でにほんブログ村の記事ランキングで7日間連続の第1位に輝きました!

 甘デジは無駄な時間を如何に省くか、無駄な玉減らしを如何に防ぐかで明暗が分かれます。コラムの内容は「攻め」ではなく「受け」に重点をおいた立ち回り術ですが、地味な内容ながら甘デジ攻略の基本中の基本を説いたものです。リヴィエラ門下生(海殺しX購入者)で甘デジの攻略に励まれている方は必ずお読み下さい。

痛快な爆発

 さて、今年の最初の事務局便りはY.Iさん(東京都・男性)から昨年の暮れ(12月25日)に届いた戦績報告メールを紹介させていただきます。こんなに投資金額の少ない爆発も珍しいかもしれません。笑いの止まらぬ至福の時間を過ごされたということでしょうか。(以下抜粋)


リヴィエラ倶楽部御中

私が海殺しXを購入してから一年ちょとの月日がたちました。自分も不器用ながら少しは上達したと思います。今では月単位の勝負でも余裕で勝ち越せるようになりました。勝率は目標の8割にわずかに届きませんが、来年の飛躍を誓いたいと思います。今日は勝利の報告がしたくパソコンの前に座っています。

昨日はクリスマスイブでした。この日にパチンコを打ってよいものなのかあまり自信はなかったけれども、退職して毎日が日曜日の私はいつもの店にふらふらと入ってしまいました。

教わったことを思い出し、すぐには打たずに全体を観察しました。この島は新台のPスーパー海物語IN沖縄2を売り出していて、各グループ(筆者註・ホルコンが数台を束ねて作るユニットのこと)にPスーパー海物語IN沖縄2が2台、大海物語4が1台、大海物語4blackが1台あります。

観察の結果、あるグループの大海物語4が1000以上のはまりになって誰も打っていない状況で、同グループのPスーパー海物語IN沖縄2と大海物語4blackが助け合うように何度も当たり続けている事実を確認しました。

私は複数スペックの攻略コラム筆者註・下記リンク欄「パチンコ新時代の攻略テクニック」参照  )を思い出し、大海物語4の不調につけこんで甘デジやライトミドルが暴れているんだと思いました。そのグループで空席はもう1台のPスーパー海物語IN沖縄2だけでした。

この台は苦労して単発を出し、また苦労して2連チャンした苦労人(苦労台というべきか?)です。正直、打つ気はしなかったんですが、大当たり回数が3回になってからホルコンに見捨てられて当たりに縁がない台ということで、私はジョーカー台爆発のコラム(筆者註・【甘デジ攻略】爆発力のある台選び参照)を思い出し、以前もこんなシチュエーションからの爆発を経験したことがあるので、とりあえずその台を確保してチャンスが来るのを待ちました。

相変わらず大海物語4blackと他方のPスーパー海物語IN沖縄2が仲良く出玉を増やしていましたが、大海物語4blackに単発が2回続いた後は他方のPスーパー海物語IN沖縄2のワンマンショーのような状態になり、好調だった大海物語4blackの魚群失敗を目撃しました。10秒もしないうちに他方のPスーパー海物語IN沖縄2にまた初当たりが入ってしまいました。

しかし、その時、危険領域(筆者註・オプショナル商品のカシオペア攻略術にて詳述)になったので私は行けるかも?と思い、打ち出しを開始しました。驚いたことにたったの5回転でハイビスカスフラッシュが鳴って当たりました。変動時に音もなくハイビスカスの花が少し落ちるように動いたので、経験的にこれは爆発するかもしれないと期待で胸が膨らみました。

私の当たりは2連チャンで終わってしまったのですが、時短明けに保留玉ですぐに当たって、それが14連チャン!その時短明けに保留玉ではなかったけれども、ほとんど玉を使わないうちにまた当たって7連チャンもしてくれました。実質23連チャンのようなものですね。狙い通りに行ったので本当に嬉しかったです。

私が爆発させた台は10ラウンド当たりが何度も出て、見るからに終わってしまっている台でした。爆発の後半では、魚群を外した大海物語4blackが復活当たりから6連チャンしたりしていました。私が爆発させた台を中心にしながらも危険領域で停滞中のPスーパー海物語IN沖縄2も約250回転のはまりを経て、5連チャン+単発+3連チャンしていました。

強いグループによく見られるホルコンの動きが認められたので、私はもうひと勝負したくなりました。狙いはグループ内の死に台、大海物語4です。

こういう台は普通に打っても当たらず、打てば打つほどグループ内の他の台に貢いでしまうことは佐々木さんから教わっていますので、しばらく台を寝かせることにしました。私は店員に申告し、休憩札をもらって台だけ確保して気分転換に外出しました。ずっと室内にいたので外気に触れたい気持ちがありました。

数分ほど町を歩いていると、ゲームセンターがあり、普段はガチャガチャ(筆者註・UFOキャッチャー)の商品になっているぬいぐるみなどがクリスマスセールと称して安売りされていました。

私には5歳になる孫娘がいます。今がかわいい盛りのこの子をちょっと喜ばせてやりたいと思いました。私は小さな女の子が好きそうなうさぎさんのぬいぐるみを千円で買い、コインロッカーに入れてから倅に電話しました。
「おい俺だ。結衣(ゆい、孫の名)にクリスマスプレゼントを買ったので取りに来い。駅前のコインローカーの×××台(筆者註・xxx台? 頭がまだパチンコモードのようですね)に入っている。暗証番号は○○○○だ」と一方的に留守電を残してホールに戻りました。

相変わらず私の確保した大海物語4を死に台にしてグループ内の他の台が代わり番こに当たっていて、私が爆発させたPスーパー海物語IN沖縄2も単発や2連チャンが何度か出ていました。しばらくすると、大海物語4blackが当たり、そのときウルトラ速攻法Aが使えるタイミングだったんで、私は恐る恐る死に台の大海物語4を打ち出しました。

打った直後に突然魚群が走り、ぶったまげました。私は「こういう台はこの魚群も外すんだろうな。外れたらもう家に帰ろう」とあまり期待していませんでした。予想は的中して1と9の一番アツイ魚群をあっさり外しました。しかし、次の変動でいきなりパールフラッシュが鳴って奇跡的に当たりました。それが突確3回を含む怒涛の15連チャン!・・・(中略)

最高の一日でした。途中で外出して孫にプレゼントを買ったことが神様の機嫌を良くしたのでしょうか。私はクリスチャンではないのですが、幼少時にカトリック系の幼稚園に通っていて、「クリスマスは周囲の人を幸せにする日だよ」と教わったことがあります。意外にこういうことは大人になっても忘れないもので、私がうさぎさんのぬいぐるみを買った時には今は亡き園長神父の言葉が脳裏をよぎったものでした。

翌日の晩には倅から電話がかかってきて、「結衣がおじいちゃんに言いたいことがある」と言って、孫に変わりました。「おじいちゃん、サンタクロースにうさぎをもらったよ」と孫は大はしゃぎしていました。どうやら倅は私からのプレゼントとは言わずに孫が寝静まってから枕元にあのぬいぐるみを置いたようです。「うさぎのぬいぐるみをもらった」とは言わずに「うさぎをもらった」と表現するところが子供らしくてかわいらしいと思いました。倅も孫と同じくらい喜んでいました。たった千円で買ったプレゼントなのに・・・(後略)

Iさんへ

 爆発の報告と心温まるエピソードを有難うございました。立ち回りに関しては、完璧のひと言です。最後の大海4の爆発もあのタイミングを捉えなければ当たらなかったと思います。カシオペア攻略術が教える「危険領域」を利用した速攻も見事でした。ジョーカー台が突然、当たるのもこのような特定のタイミングであることが大半です。

 Iさんの待機のテクニックや観察の鋭さはすでにプロの領域に入っているものと思われます。ここまで腕を上げられたのであれば、もうトータルで負けることは有り得ません。

 現在は稼ぎという点ではまだセミプロレベルのようですが、今回のような立ち回りが常にできれば、一気にスーパートッププロ(パチンコ月収50万以上)の仲間入りをすることも夢ではないでしょう。

 私(佐々木)のコラムも熱心にお読みいただき、誠に有難うございます。今回の勝利は二つのコラムが教える攻略テクニックの賜物です。一度でも成功すれば、その感触がいつまでも残るはずですので、今後もこのテクニックを絶妙のタイミングでご使用いただきたく存じます。

 幼稚園時代のクリスマスの話は心に染みました。私の家の宗教はカトリックですが、幼い頃の私は自宅のすぐ近くにあるプロテスタントの幼稚園に通っていました。そこで私もよく似た話を聞かされて育ちました。クリスマスは家族を幸せにして自分も幸せになる日である、と。

メリークリスマス!

 そういう意味でIさんはご子息やご高孫を幸せにして、ご自分も「最高の一日」を過ごされたわけですから「メリークリスマス」という言葉が最も似合う聖夜ではなかったでしょうか。もしパチンコに惨敗していればメリークルシミマスになっているところでした。Iさんのご家庭に神様の豊かな祝福がありますように。

 カトリック教徒の私がノンクリスチャンのIさんから期せずしてHertwarmingなメッセージを頂戴しましたので、今度は私がIさんの心を温める番です。多少、宗教的な話になりますが聞いていただけますか?

2000年前のクリスマス

 今から約2000年前に起こったとされる世界で最初のクリスマスが歴史的にどのような意義をもったものであったかを黙想してみたいと思います。

 「クリスマス」(厳密には「キリストのミサ」という意味ですが、一般的にはキリストの誕生日という意味)という言葉から連想する光景はどのようなものでしょうか。キラキラと光る星、馬小屋で慎ましく産声を上げたイエズス・キリスト、幼子を静かに見守る羊飼いと東方の博士たち・・・・・・どれもこれも非常に牧歌的なものです。

 しかし、実際の馬小屋(※洞窟という説もある)は震えるほど寒かったでしょうし、そもそも普通の宿屋に泊まれなかったということは、ヨゼフ・マリア夫妻が貧困ゆえに宿代を払えなかったか、身分の低さゆえに宿泊を拒絶されたかのいずれかであり、現実は牧歌的なイメージとはほど遠い凄絶な状況がそこにはあったわけです。

 「救い主」にはじめて出会ったのが羊飼いと東方の博士たちというのも実に摂理的です。当時、この地域の羊飼いは身分の低い者の代名詞的存在でした。また東方の博士(占星術の学者)というのは高貴な人たちではあっても、ユダヤ人から見れば異邦人です。

 これは神の救いのみ業(わざ)は人の地位や民族とは無関係に及ぶことを示唆しているというのが聖書学者の一般的な見解です。

 富める人にとっても貧しい人にとっても、救い主の誕生は神の恩寵であり、この恵みは特定の民族(ユダヤ人)だけに用意されたものではなく、地球上のあらゆる人々のために用意されたという考えがキリスト教諸派に共通する通説です。

キリスト教とユダヤ教

 高校の世界史の教科書にも出てきますのでご存知の方も多いでしょうが、キリスト降誕当時のユダヤ人の間には「選民思想」というものが定着しており、彼らは自分たちだけが神に選ばれた特別な民族であると考え、その証拠に神は自分たちだけに啓示(旧約聖書に含まれる一連の書物)を与えられたのだという自惚れと他民族への差別、他民族に対する優越感が当時のユダヤ人にはありました。

 しかし、キリストの登場によって新約(=神と人との新しい契約)の時代に移行してからは、神の救いは万民に及ぶことが啓示されました。この啓示を受け入れた人たちがキリスト教徒と呼ばれ、旧態依然の考え方(選民思想)を放棄しない人たちがユダヤ教徒と呼ばれているわけです。

 知らぬまに宗教学の講義のようになってきましたが、私は布教を目的にこのような話をしているのではありません。この機会に皆様と分かち合いたい感動的な話(後述)があるからです。

共産主義の誤謬

 クリスマスの意義は神の救いのみ業に思いを馳せることにありますが、それはキリスト教徒の間での話です。無神論の人たちにとってクリスマスの意義は宇宙万物の造り主である神の存在に気づくことにあります。

 20世紀は共産主義の台頭が世界全体を暗闇で覆おうとしていた暗黒の世紀でした。共産主義の過ちとその弊害は私がいちいち説明するまでもなく、すでに歴史が証明しています。

 東欧各国が共産主義と決別した今でも共産主義にしがみついている北朝鮮を見れば、共産主義が謳う「全ての人々の平等」という金科玉条が実は真っ赤な嘘であることがわかります。

 世の中の全ての人が聖人君子のような崇高な存在であれば、共産主義が掲げる理想も実現するかもしれませんが、そんなことはナンセンスな話です。毎日のように新聞は凶悪犯罪の報道をしていますが、これが人間の宿命です。善も行えば悪をも行うのが人間というものの悲しい性(さが)です。

有神論VS無神論

 唯物論と結合した共産主義的無神論は宗教を迫害して、人が心のうちに神と対話する(=神を探求する)自由を奪い取りました。

 宇宙全体の仕組みを知れば、そこに偉大な英知を見ることになります。地球は一年をかけて太陽の周りを一周し、月は一ヶ月をかけて地球の周りを一周します。このような整然たる法則の数々は宇宙をそのようにデザインした何者かの存在とその知恵を物語ります。

 唯物論者は宇宙がビッグバンによって発生し、それによって「無」であった世界に「物質」が入り込み、偶然にして生命が誕生し、進化を経て現在に至っていると主張します。

 しかし、宇宙万物、人類、動植物、無機質等が偶然の結果、生まれたのであれば、この世に存在する無数の法則についての説明が成り立ちません。惑星が偶然に生まれて軌道を無視してデタラメな動きをすれば、何千億年の間に互いに衝突を繰り返して、宇宙の存続そのものが危ぶまれるでしょう。

 しかし、そのような事態には陥らず、どの惑星も秩序正しく平穏に動いています。あたかもバスや電車が定められたスケジュール(時刻表)に従って整然と運行しているかの如くです。

 植物は太陽光を利用して光合成を繰り返します。これによって人や動物が生きていくために必要な酸素が供給されます。地球上の海、山、川などには全て果たすべき役割があり、それが動植物の生存を可能にしています。

 水蒸気が上昇すれば雲になり、地に恵みの雨を降らせ、大地は潤い、農作物が実ります。宇宙万物は非常にうまい具合にできており、思考を突き詰めれば、それを最初に意図した何者かの存在と向き合わざるを得なくなります。

 私たちの人体も小宇宙です。目、鼻、耳、肢体と臓器は互いに連動していて、脳の活動、血液の流れ、心臓の働きなど全てが設計通りに機能しています。宇宙万物が偶然に生まれ、無の世界から突発的に物質や生命が誕生したのであれば、人や動物の一定の秩序を保った体内構造までが偶然生まれたことになります。

 整然たる法則や秩序というものは偶然から生まれるものではありません。様々な法則や秩序を生み出した何者かの存在とその知恵を認める思想が有神論であり、この「何者かの存在」を有神論では「神」と呼びます。

全ての物事の本質

 パチンコは同じ図柄が3つ揃えば当たります。これは偶然、大当たりするわけではなく、そのように仕組まれているからです。パチンコ機器のスペックを定め、その通りになるように設計したプログラマーの存在がなければパチンコ機器が生まれることがないのと同様に、宇宙万物のスペックを定め、その通りになるように設計した神の存在がなければ、私たちの生命も存在も有り得ないというのが有神論の考え方です。

 別にビッグバンや進化論といった科学の説に異を唱えているわけではありません。これらの事象が誰の意志に基づいて発生したのかということを考究するのが宗教の本質であると同時に全ての物事の本質なのです。

芸術家?

 神論者が神と出逢う(神の存在に気づく)瞬間は何か美しいものを眺めている時が多いと言われます。宇宙船に乗った無神論者の宇宙飛行士は何千マイルも離れた場所から地球を見て、あまりの美しさに言葉を失うそうです。

 宇宙船からはエベレスト山や富士山などが見えます。万里の長城も見えます。そして、煌く海の色や山河などの造形的な美しさに見とれているうちに、「こんなに美しいものが偶然生まれることはない。神様は芸術家だ!」と確信するそうです。このようにして地球帰還後に神に帰依した宇宙飛行士は枚挙に暇がありません。


最初で最後の祈り

 人類が世界の覇権をめぐり国家間で血みどろの抗争を繰り広げていた20世紀の中葉、第二次世界大戦で戦死した、あるソ連兵のポケットから敵兵に撃ち殺される数時間前にしたためたと思われる走り書きの遺書のようなもの(人生における最初で最後の祈り)が見つかりました。

 共産主義体制下で教育を受け、無神論を叩き込まれた一人のロシア青年が戦場で見た美しい星の光に心を打たれ、大きな内面的変化(メタノイア=回心)を経験します。それは自らの死期を悟った彼のスピリチュアルな目が開かれ、神と出逢った劇的な瞬間でした。

 今回の事務局便りは最後にこの青年兵士が死の直前に書き残した美しい祈りの邦訳を紹介して、皆様と感動を分かち合うことにします。リヴィエラ門下生の皆様、本年も宜しくご厚誼の程、お願い申し上げます。(以下引用)


聞いてください、神様、今までぼくはあなたに話しかけたことなど一度もありません。
けれども、今、あなたに何かを訴えたいのです。
子供の頃から、ぼくはあなたなんかいないと聞かされてきました。
愚かにも、ぼくはそう信じてきました。
今まで一度もあなたのみ業のことを考えたことがありませんでした。

でも今夜、頭上にきらめく星を眺めていて、人の残酷さに気がつきました。
神様、あなたの手をぼくの上に置いてくださるでしょうか?
とにかくぼくはあなたに語りかける。あなたはわかってくださる。
光がぼくに出会うのは別に不思議ではありません。
ぼくは、この呪わしい夜にあなたに対面しています。

もう言うべきことはありません。
とにかく、あなたを知ることができて嬉しいのです。
真夜中にぼくの隊は出撃の予定です。
でもあなたがご覧になっているので、怖くありません。
合図です。もう行かなくては。
あなたと一緒で幸せでした。

もう一つ言わせてください。
あなたがご存知のように戦いは激しく、
今晩、ぼくはあなたのドアを叩きに行くかもしれません。
今までぼくはあなたの友ではなかった。
それでも今夜、ぼくが行ったら入れてくださいますか?

どうしてぼくは泣いているのでしょう。
神様、あなたはぼくに何が起こったかお分かりですね。
今晩、ぼくの目は開かれたのです。
さようなら、神様。もう行かなくてはなりません。
多分生きては帰れないでしょう。
おかしいのでしょうか、ぼくは、もう死を恐れてはいないのです。

リヴィエラ倶楽部


20180107_185356 (1).jpg
"Glory be to God in the highest heaven, and on earth peace be to those
on whom His favor rests." (Luke2:14)
「いと高きところには栄光、神にあれ。地には平和、みこころに適う人にあれ」(ルカ2章14節)
2019年01月 >>
      1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31      
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ
にほんブログ村

★☆★☆★海殺しXユーザー必読記事

パチンコ・・・それは夢を叶えるための手段   海物語・・・それは夢の実現に近づくための道具